からだを整え、崩れない体をつくる予防医学をとり入れた整体【広島メディカル整体院】
習慣を見直し矯正、メンタルチューニングで痛めにくいからだづくりをサポートします。

【幟町店】〒730-0016 広島県広島市中区幟町11−4-4F
 電話:(082)555-8238

LINE@なら24時間予約受付≫

LINE QR Code
先頭に戻る

腰痛


腰痛治療で見落とされていた、根本原因とは?

今までの治療で改善できていますか?

痛みやシビレの改善がないのであれば今までの腰痛治療は全て忘れて下さい!

腰痛はなぜ起こるのか?

考えたことがありますか!

 

腰痛は病名ではなく体に表れる症状のです。

 

腰そのものに問題がある場合だけでなく、職業、生活習慣、ストレスなどの要因が複雑に絡み、ご自身の生活習慣を振りかえてみることが腰痛の原因を知るための第一歩となります。

病気やけがによる自覚症状の調査では男性1位、女性の2位が腰痛となっており、誰もが経験しうる身近な症状です。

厚生労働省 平成28年国民生活基礎調査の概況

 

1、特異的腰痛~構造体的要因が原因

2、非特異的腰痛~日ごろの生活習慣などが要因に

3、女性特有の腰痛があります

 

1、特異的腰痛~構造体的要因が原因

腰痛が起こる原因はさまざまで、複数の要因が絡んでいる場合もあります。多くは原因不明ですが、15%程度は原因を特定できる「特異的腰痛」です。


原因となる代表的な病気としては椎間板ヘルニア、高齢者に多い腰部脊柱管狭窄症、骨粗しょう症が挙げられます。これらはいずれも背骨の神経(脊髄神経根)が圧迫されて痛みが起こり、圧迫がひどいときには、脚の筋力低下やしびれ・痛みを伴います。

 

腰椎椎間板ヘルニア

背骨と背骨の間にはクッションの役割をする「椎間板」があります。椎間板は、外側が硬い「線維輪」、内部は軟らかいゼリー状の「髄核」で出来ていて、外側の線維輪が変性・断裂して髄核の一部が飛び出し、脊髄神経根を圧迫することで痛みが起こります。腰やお尻から下肢にしびれや痛みが広がり、力が入りにくくなります(座骨神経痛)。痛みは、長い距離を歩いたり、重いものを持つや圧迫で強くなることがあります。椎間板ヘルニアは、悪い姿勢での動作や作業、喫煙などにより起こりやすくなることが知られています。

 

 

腰部脊柱管狭窄症

椎骨や椎間板が加齢によって変性したり、異常な骨の突起(骨棘)が形成され、神経が通っている脊柱管が狭くなり、脊髄神経根を圧迫します。少し歩くと痛み、前かがみになって休むとまた歩ける(間欠跛行)症状が特徴です。

お尻や足にしびれや痛みを感じることもあります。

骨粗しょう症

主に加齢により骨密度が減って骨折しやすくなる病気です。椎骨は特に影響を受けやすく、圧迫骨折が起こると脊髄神経根が圧迫されて、背中に慢性の痛みが生じます。

激しい運動後の腰痛(筋筋膜性腰痛)

急激に重いものを持ったり、無理な姿勢によって繰り返し筋肉に負荷をかけたりすると、筋膜性疼痛症候群(筋筋膜性腰痛)という病気になることがあります。筋膜とは、筋肉などさまざまな臓器・細胞を包んでいる膜のことですが、運動によってこれが傷ついたり癒着が起こる事があります。通常は数日で回復しますが、負荷がかかる状況が続いたり寒さで血行が悪くなったりすると回復が追いつかず、強い痛みやしびれを生じるまで悪化してしまう可能性があるのです。肩や脚など全身で起こる可能性がありますが、腰で発症し腰痛の原因となりうる病気です。

腰痛により早期発見で重い病気が見つかることもあります。

腰痛は、ここまでに紹介した病気のほかにも、神経、内臓、血管、心因性の病気などが原因で起こることがあります。特に内臓の病気や脊椎の腫瘍・感染・炎症・外傷などが原因になっている場合は、早めに見つけて治療する必要があります。

 

腰の周辺が痛む症状があるその他の病気

腰に由来
•腫瘍(脊椎腫瘍、脊髄腫瘍、馬尾腫瘍など)
•脊椎感染症(化膿性脊椎炎、脊椎カリエスなど)
•外傷(腰椎骨折、脱臼など)
腰以外に由来
•変形性股関節症など整形外科の病気
•尿路結石など泌尿器の病気
•子宮内膜症など婦人科の病気
•胆嚢、十二指腸、膵臓など消化器の病気
•解離性大動脈瘤など血管の病気
•統合失調など心因性の病気
など

 

2、非特異的腰痛~日ごろの生活習慣などが要因に

腰痛の約85%は原因不明

ほとんどが原因不明

腰痛の約85%は、神経症状(しびれやまひなど)や重い基礎疾患などがなく、エックス線やMRIなどの画像検査をしても、どこが痛みの原因なのか特定しきれない「非特異的腰痛」です。いわゆる腰痛症です。
長時間中腰や猫背などの姿勢を続け、腰や背中の筋肉が緊張し続けたときや、運動不足で腰を支える筋力が弱っているときなどに起こります。寒さで筋肉が硬直する冬も神経が刺激されて痛みが起こりやすくなります。通常は、セルフケアをしていれば短期間で軽くなりますが、休養がとれない、ストレスなどの心理的要因があるなど長期化することもあります。
急性の腰痛であるぎっくり腰も非特異的腰痛に含まれます。急に無理な動作をしたときなどに起こる腰の組織のけがで、ねんざや、椎間板、腱、靭帯などの損傷が多いと考えられていますが、厳密にどの部分が傷んでいるのかを断定するのは難しいためです。

筋疲労を招く労働環境や生活習慣

職場環境によって腰痛を発症する人は非常に多く、労働災害全体の6割以上を占めています。体に負荷のかかる労働、特に重たいものや同じ動作や体幹を曲げたりひねったりする作業には気をつける必要があり、介護や看護の職場で多いとされています。逆に同じ姿勢をとり続けるような職場でも多く、デスクワークをしている人や長距離輸送のドライバーにも腰痛は多く発生します。これは股関節やその周辺の筋肉の柔軟性が失われてしまうことにも一因があると考えられています。
職場でのメンタルヘルスとの関連も指摘されていて、仕事に対する満足度や人間関係なども腰痛の発症や長期化と関連があるため、ストレスを溜めない環境作りも大切です。
また、生活習慣の中でも特に「ストレス」と「喫煙」は腰痛と関連していることがわかっています。

 

3、女性特有の腰痛

妊娠や生理など女性特有の原因で起こる腰痛もあります。
冷えや生理痛が強いと下腹部痛だけでなく腰痛を伴うことがあります。
妊娠中は大きくなったおなかを支えるために体の重心が変わり、上体を反らせる姿勢になることが多いため、腰痛が起こりやすくなります。子宮が大きくなり、骨盤の周りの筋肉(体幹支持筋群)が引っ張られることも、腰痛の原因になることがあります。産後も授乳や夜泣きの対応などの育児、家事に追われると、身体的・精神的な負担から腰痛が慢性化することもあります。
更年期になると体内のホルモンバランスが変わり腰痛が起こりやすくなることがあります。

 

腰痛にはこれらの原因や状態があります、それを カスタマイズ(個人個人の)施術を行わず、電気やマッサージ・鍼・運動・痛み止めの薬で治癒するでしょうか?

 

そして今まで一般的とされてきた腰痛治療が、ここ近年様々な新常識が発見され、腰痛治療の常識が覆されている事を知っていますか?

最新の腰痛治療の新事実もご紹介します

ほとんどの椎間板ヘルニアは腰痛とは無関係という新常識

腰痛の原因として、一般的な医療機関ではヘルニアを指摘される場合が多いのですが、そのヘルニアについての新事実も知っておく必要がありますので、合わせてご紹介します

 

 

2011年に放映されたNHKの「ためしてガッテン」でも、この事実が明かにされたことなのですが、ヘルニアと診断されたとしても、その痛みや痺れはヘルニアが要因ではないことが明かになりました。

逆に、全く腰痛や痺れなどの自覚症状が無い場合でも椎間板ヘルニアの状態の方もいて、その方は何の支障もなく生活できている人もいます。

ワシントンDC(ワシントン大学)の研究でも、このような研究結果が証明されています。

過去に全く腰痛の経験が無い60歳以上の方を無作為にMRI検査を実施したところ、1/3に椎間板ヘルニアの存在が認められました。

椎間板ヘルニアが飛び出ている状態でも、全く腰痛や痺れを感じず何の支障もなく日常生活を元気に送られている人も大勢いることが証明されました。

 

1995年に開かれた国際腰椎学会で、腰痛の世界のノーベル賞と評される「ボルボ賞」という世界的に最も権威のある腰痛研究の発表でも、「椎間板ヘルニアが腰痛の原因」とされるのは全体の中でも3%という研究結果が発表されています。(ボルボ賞のボルボとは、車で有名なあのVOLVOが主催している学会です)

つまり、ヘルニアと診断された方の中で、本当に手術が必要な状態の方はたった3%だということです。

 

あなたがその3%の中に含まれているかどうか?ということですが、そうではない可能性が高いことは、私の10年の治療経験の中での見解です。

現に、当院では整形外科で手術を勧められた多くの方が、当院で根本改善している姿を毎日見ています。

整形外科の診断通りに手術を決断することや、ヘルニアの治療を諦めるにはまだ早いということは断言しておきます。

そして、坐骨神経痛の原因がヘルニアと診断されたとしても、その診断は疑わしいと考えるのが当院の見解です。

 

参考:NHK 徹底解説「椎間板ヘルニアの新常識」

 

 

腰痛の原因の85%は原因不明という新事実

 

この事実も驚かれるかもしれません。厚生労働省の発表では、日本にはヘルニアを含めた腰痛を訴える症状の方は2500万人。その中で、明らかに原因が特定できる腰痛はたったの15%とされています。残り85%は原因不明の腰痛です。

精密検査の結果、明かに原因が特定できる腰痛はたったの15%しか無く、85%は原因不明です。

先ほど述べたように、レントゲンやMRIで明かに椎間板ヘルニアの症状が見受けられる方でも全く痛みを感じず生活できる人もいれば、全く原因がわからないのに腰痛を訴える方もいる。

この問題は、実は今まで多くの整形外科の先生達の頭を悩ます問題でした。

腰痛を訴えて整形外科を受診する方は日本全国で後を絶ちません。そしてそのほとんどの方が原因不明なのですから、整形外科で腰痛の診断をする先生は毎日本当に大変だと思います。

坐骨神経痛でも、同じことが言えます。坐骨神経痛の症状を訴えて通院される方も多い中で、腰痛の原因もわからないのに、ましてや坐骨神経痛の原因も明確に診断できないのが、日本の一般的な医療機関の診断です。

そのような状況の中で、整形外科の先生も腰痛とヘルニアの因果関係が3%という事実を知っていながらも、ヘルニアの症状がレントゲンで見受けられれば、「ヘルニアが原因ですね」と診断してしまう状況があるとしたら・・・

 

忘れないで欲しいのは、病院で椎間板ヘルニアと診断されたとしても、あなたの坐骨神経痛やヘルニアが本当に手術が必要な状態である可能性はたった3%しかないという事実だけは知っておいてください。

 

国内の医療機関では腰痛治療ガイドラインによって「手術」という道に進むマニュアルしか提示できない

 

これも恐ろしい事実です。

病院で「ヘルニア」「坐骨神経痛」と診断された後に行われる治療は以下のような流れです。

·      痛み止めの薬の服用

·      ビタミン剤

·      コルセットの装着

·      運動療法

·      神経ブロック注射による痛み止め

·      痛み抑制しながら経過を観察

·      一定期間を経て症状に改善が見られなければ手術

このような治療は、一般的な病院で行われる治療の段階です。ここで気付いて頂きたいポイントは、病院では「患部の痛みを取り除くだけの一時的な対処療法しかしていない」という点に注目してください。

これらは、腰痛診療の医療ガイドラインで定められた治療です。このマニュアルのような方針によってあなたのヘルニアは一時的対処療法のみしか処置してもらえておらず、ヘルニアによる痺れや痛みを発生させた根本的な要因には一度も踏み込んで治療をしていないのが、一般的な腰痛治療の恐ろしい所です。

あなたが痛み止めやコルセット、ブロック注射などで痛みだけを緩和する治療を受けている間にも、あなたのその症状はどんどん進行していきます。

そして、痛み止めやブロック注射等で時間が過ぎた間にもヘルニアや坐骨神経痛の症状はどんどん進行していき、最終的には「手術」という道を歩まされてきたのが、今までのあなたが進んできた腰痛治療・ヘルニア治療・坐骨神経痛治療の真実です。

 

最初から手術しか選択肢が無い道をあなたはずっと歩いてきたのです。

 

当院では、長年ヘルニアや坐骨神経痛に悩まされて治療を続けられていた患者様が当院の施術を体験し「はじめて坐骨神経痛の治療をしてもらった!」という声を漏らす方が大半です。

 

それは、あなたのヘルニアや坐骨神経痛が発生した「本当の根本的な要因」を見抜いて、当院は根本治療をしているからです。

ヘルニア、坐骨神経痛に悩まされる多くの方は、実はまだ本当のヘルニア治療、坐骨神経痛治療を一度も受けられたことが無い、というのが一般的な医療機関での治療の真実と限界です。

ヘルニアの手術をしても再発する、してもしなくても実は何も変わらないという事実

日本整形外科学会監修の腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドラインによると、以下のような調査報告が出されています

保存的治療(外科的治療以外の治療)手術治療を比較した際、手術的治療の方が長期的に良好な結果を示すが、10年後を比較した場合、その差は減少。

数週間痛みが持続する症例を対象にして、

保存的治療(外科的治療以外の治療)グループと、

早期に手術をしたグループの比較しても長期的には結果に差は見られなかった。

保存的治療=当院のような東洋医学のアプローチを使った治療と

病院での外科的手術をしても、10年後の経過を見た場合、あまり結果的に差は無かったという事です。

どちらの治療を選択しても10年という長い目で見た場合は、結果は変わらない。つまり、手術を選択しなくてもヘルニアは治せる、ということです。

 

そして手術に関しては気になるデータがあります。

様々な医療機関から発表されている、ヘルニア手術後の再発率は5年以内に15%

手術をしても再発する可能性もあるという訳です。

まとめ 

  • 手術をする治療、手術以外の治療でも10年後の経過に差は無い
  • 手術をしても再発する可能性もある

このヘルニア治療の新事実を知って、あなたはまだ手術をする選択をされますか?手術をしても手術しなくても、長い目で見たらその経過に差がなく、手術をした後も再発する可能性があるのなら手術の必要性は?

この結果を見て聞いて、なぜ?どうして?どのように?ヘルニアを発生したのか根本原因に向き合い、根本改善する治療法でしっかり治していくべきです。

少し前では、ヘルニアですぐ手術を行っていたが、近年はあまり聞かなくなったことに気付いていますか。これが、事実です、手術だけでは治らないことがわかってきたのです。

だから、あなたが坐骨神経痛やヘルニアは手術が必要だと診断されたとしても、手術はまだされない方が賢明です。

当院の根本改善に対するアプローチを体験し、本当の意味でヘルニアの治療を試してみてはいかがでしょうか?

 

ヘルニアは実は自然治癒するという事実

 

マクロファージ」という言葉を聞いたことはありませんか?

マクロファージとは、体の中の白血球の中にある免疫細胞のひとつ。体内に入ってくる最近やウィルス、がん細胞など、体の中の悪いモノを消化し処理する免疫機能のことをいいます。

 

近年のヘルニア治療の新常識では、このマクロファージが椎間板から飛び出したヘルニアを消化し自然消滅させる働きをもっていることも判明しました。

 

ヘルニアは、本来備わっている体の免疫機能を働かせていれば、手術をせずとも改善できるということです。当院のようなヘルニアの新常識を知っている腰痛治療の専門家の間ではこちらの方が常識です。

病院で今すぐ手術が必要だと診断された15歳の少年が、手術をせず半年後に病院で最診察を受けた際、綺麗にヘルニアが消失していたことに驚いた医師が、少年にどうやってヘルニアを完治させたのかと聞いたところ「ヤクルトを飲んで治した」と言い、病院の先生達が驚いたという話もあります。

これも、体の免疫細胞「マクロファージ」による働きです。

きちんとヘルニアを理解し、ご自身の体の本来備わっている免疫機能を働かせ、そもそもヘルニアに至った根本原因としっかり向き合って治療できるのは、当院のような根本治療を専門にしている治療院だけです。

 

今まで一般的とされてきた腰痛・ヘルニア治療が、ここ近年様々な新常識が発見され、腰痛・ヘルニア治療の常識が覆されてきています。

それでも、まだ一般的な病院や専門知識の無い整体院などでは、本来必要のない手術や意味の無い治療を続けているのが、世の中の腰痛・ヘルニア治療の悲しい現実です。

今まであなたが受けてきた治療やアドバイスは、全て坐骨神経痛にとっては全く無関係か、むしろ逆効果のアドバイスばかり受けてきていたという事実が、世の中の坐骨神経痛治療の現実です。

 

このホームページをご覧になり、当院をお知りになったあなたにも、根本改善した生活を取り戻して欲しいのです。

以上が、最新の腰痛治療の様々な新事実です。この新しい腰痛治療の考えを元に、医学的な根拠を持って、坐骨神経痛に対しても、根本改善を目指した治療を行うため、当院では長年悩まされた坐骨神経痛を根本改善していきます。

坐骨神経痛は、お尻や太ももの深層部にある筋肉の硬直が原因です。その原因を正しく改善すれば、根本改善できる症状です。

当院は、一般的な医療機関が見落としてきた、症状の根本原因を突き詰めて改善する専門の整体院です

私は30年間の間に数多くの難治性の坐骨神経痛や椎間板ヘルニアの患者様の治療に携わってきました。 坐骨神経痛の症状が出るには、必ずその根本原因があります。

レントゲンで部位だけを見るのは、坐骨神経痛の状態を診断するだけですが、、根本的な原因まではわかりません。

当院の施術では、難治性の坐骨神経痛や、手術を勧められるほどの人が、なぜ根本改善へ導く施術ができるのか、当院の治療の方針と考えをお伝えします。

一般的な「治らない坐骨神経痛」の治療と、当院の「根本改善する治療」の違いについて

 

座骨神経痛の原因

それでも、まだ一般的な病院や専門知識の無い整体院などでは、本来必要のない手術や意味の無い治療を続けているのが、世の中の腰痛・ヘルニア治療の悲しい現実です。

今まであなたが受けてきた治療やアドバイスは、全て坐骨神経痛にとっては全く無関係か、むしろ逆効果のアドバイスばかり受けてきていたという事実が、世の中の坐骨神経痛治療の現実です。

このホームページをご覧になり、当院をお知りになったあなたにも、根本改善した生活を取り戻して欲しいのです。

以上が、最新の腰痛治療の様々な新事実です。この新しい腰痛治療の考えを元に、医学的な根拠を持って、坐骨神経痛に対しても、根本改善を目指した治療を行うため、当院では長年悩まされた坐骨神経痛を根本改善していきます。

坐骨神経痛は、お尻や太ももの深層部にある筋肉の硬直が原因です。その原因を正しく改善すれば、根本改善できる症状です。

当院は、一般的な医療機関が見落としてきた、症状の根本原因を突き詰めて改善する専門の整体院です

私は30年間の間に数多くの難治性の坐骨神経痛や椎間板ヘルニアの患者様の治療に携わってきました。 坐骨神経痛の症状が出るには、必ずその根本原因があります。

レントゲンで部位だけを見るのは、坐骨神経痛の状態を診断するだけですが、根本的な原因まではわかりません。

当院の施術では、難治性の坐骨神経痛や、手術を勧められるほどの人が、なぜ根本改善へ導く施術ができるのか、当院の治療の方針と考えをお伝えします。

一般的な「治らない坐骨神経痛」の治療と、当院の「根本改善する治療」の違いについて

 

坐骨神経痛の原因

一般的な医療機関や整形外科
坐骨神経の圧迫や椎間板ヘルニアによる神経の損傷、局所へのアプローチ

当院の根本治療の考え
お尻周辺の筋肉やインナーマッスルの硬直や萎縮、骨盤周辺の深層筋の硬直や筋膜の歪み、周辺から体全体へアプローチ

 

レントゲンやMRIで坐骨神経痛やヘルニアと診断された

一般的な医療機関や整形外科
ヘルニアが坐骨神経痛の原因と判断し投薬治療やブロック注射など最悪手術を行う

当院の根本治療の考え
痛みを特異性か非特異性かを見極め、痛みが出ている要因を探し根本改善する

 

痛みの発生源

一般的な医療機関や整形外科
原因を特定せず診断し、腰痛の原因に対する治療は行わず痛み止めを服用。

当院の根本治療の考え
過度に負担がかかっているお尻や太もも、骨盤周辺の筋肉の硬直を緩め、筋肉を休ませる。本来の体が持つ機能が正常に回復するまでに体の全体の状態を整える。

 

体のバランスや姿勢等の影響

一般的な医療機関や整形外科
診察されることもなければ、影響すら把握しようとしない。症状が出ている部位のみを診断する。

当院の根本治療の考え
痛みが出ている部位以外に根本原因があると判断し、体の使い方やバランス、日常生活の中の姿勢が大きく関係していると判断する。

 

このように、一般的に行われている坐骨神経痛の治療と、当院の根本改善に向けた施術のアプローチが、全く違うことに気づいて頂けるはずです。

30年の治療経験の中で、私が根本改善に向けた治療に向き合った中で行き着いた施術方針です。

今までの治療は忘れてください!

と最初にお伝えいたしましたが、一般的な腰痛の治療では、痛みの発生させた根本原因が見落とされてきました。だからあなたの腰痛はどこに行っても改善しなかったのです。

当院に来院されるほとんどの患者様は「ここに来て初めて腰痛の治療をしてもらった!」と、みなさん口を揃えておっしゃいます。

その理由はあなたにもご理解頂けることと思いますので、根本改善に向けた治療に共感いただけるようなら、当院の施術を体験してください。必ずあなたの腰痛の痛みやシビレの苦しみから開放へします。

 

当院の腰痛の問診で行う5つのチェックポイント

広島メディカル整体院では、根本改善の治療に向けた施術の際に、5つのポイントをチェックし治療計画をご提示しています。

1.腰周辺やお尻の筋肉の状態のチェック
2.腰の動きや足の動きなどの関節の可動域のチェック
3.腰の屈曲制限の確認
4.背骨や骨盤などの骨格の歪みの確認
5.歩行や動作チェックによる体の使い方のクセの確認

 是非、ご連絡ください!

今より良い笑顔ある生活を手に入れましょう!

諦めないでください、あなたは今から変われます!

 

 

 

 

 

メールでお問い合わせ

LINEでお問い合わせ

電話でお問い合わせ